ポレポレ日記

結婚式準備と旅行について、ためになる情報をお届けしたい!という気合だけは一丁前なブログです

【ハネムーン旅行記】コスタリカでリゾート珍道中《サンホセ到着編》

f:id:p_orepore:20190121111048j:image

ごきげんよう、こっつです。

1/12〜20でコスタリカに行ってきました🇨🇷

書きたいことがたくさんあるので、モチベーションが続く限りアップしていく所存です٩( 'ω' )و

皆さんの旅行先の選択肢にコスタリカが加わったら嬉しいです!

 

コスタリカってどこ?

手書きで失礼します。中米ですね。はい。

f:id:p_orepore:20190121205231j:image

国旗がタイと似てます。(どうでもいい)

コスタリカ→🇨🇷

タイ→🇹🇭

 

◆なぜコスタリカ

ずっと新婚旅行ではカリブ海クルーズ🏖に行きたいと思っていました。

ただ、よくよく考えてみると、

親から「お前は回遊魚か」と言われるくらい常に何かやってないと気が済まない性格の私が、ずっと船の中でまったりするのに耐えられるはずがない

ということに気づき、クルーズは断念!

 

次のポイントで行き先を考えることにしました。

❶治安がよく、安全にアクティビティができるところ

治安悪いとこの方が旅した感が出るのですが、一応新婚旅行なので…

❷なかなか行けない距離のところ

堂々と休める機会はそうそうないので😤

❸野生動物が見れるところ

ケニア旅行ですっかりハマってしまいました🐒

コスタリカは世界の0.03%の国土面積なのに、世界の0.5%の動物がいるんです!

❹中米以南に行ったことがない

旦那には関係ない個人的な理由。笑

 

以上より、満場一致でコスタリカに決定しました👏👏

 

軽く調べたところ、いろんなエリアを回った方が楽しそうだったので、今回はツアーを組んでもらうことにしました。

お願いしたのはこちら▼

コスタリカ旅行 専門店 さくらツーリスト

地球の歩き方にも載ってるツアー会社さんです。

下村さんという日本人の方が対応してくれるので安心です〜🤗

 

◆謎のヒューストン乗り継ぎ

今回はヒューストン経由です。

成田でチェックインした際に、預け荷物はコスタリカまでスルーだと言われました。

ヒューストンに着いて、ESTAの手続きを済ませ、他の人の荷物が回ってるのを横目に、優越感に浸りながら「我々はトランジットなんだ😏」と出口の職員に伝えたところ、予想外の事態が。

緑の画用紙をラミネートしただけで何も書いてない謎のカードを渡され、その流れで別のゲートに連れていかれ、なんのこっちゃわからんままパスポートと謎のラミネートを取り上げられ(何の意味があったんだろう)、とりあえず待てのオーラを感じたので待ってました。

目の前には荷物受け取りのコンベア(ミニバージョン)近くには日本人とおぼしきおっさんと我々だけ。

ん、もしや…?!🤔と思ったところでコンベアが動き出し…

 

ガッコン。

 

我々とおっさんのスーツケースだけ出てきたー!!!😂😂😂

 

この後パスポートを返してもらい、スーツケースをセキュリティに通して、トランジットのゲートに進んで再度預け直しました。

これが普通の手続きなのかもしれませんが、思い描いていた「スルー」とはずいぶんかけ離れてたなぁ。。。

 

コスタリカ到着

こうして17時間の長旅を経て、コスタリカに到着しました。

が、入国審査が長蛇の列…!!!

結局2時間待ちました。ちーん

オール明けに2時間立ちっぱなしはアラサーにはこたえました_| ̄|○

 

さすがに送迎ドライバーも帰っちゃっただろうと思って外に出たところ…

 


 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   こっつ 様  |
 |________|
      ∧   ∧  ||
    (・ω・)||
    / づΦ

 

おるやんけー!!!!😭😭😭

コスタリカ人の株が一気に高騰です!!!アイラブコスタリカ!!!

 

ホテルまでの道のりで虹が見えました🌈

この旅、いいことありそうな予感がします!

f:id:p_orepore:20190121160550j:image

 

◆ハネムーン仕様

無事ホテルに到着しました。クラウンプラザコロビシ (Crowne Plaza Corobici)です。

Crowne Plaza San Jose Corobici - San Jose, Costa Rica

そして…

キター!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

ネムーンと言ったらこれですよね!!!

f:id:p_orepore:20190121160412j:image

これこれ!!!(((o(*゚▽゚*)o)))♡
f:id:p_orepore:20190121160409j:image

いつもBooking.com とにらめっこしながらコスパのいい安宿を予約しまくってるので、

こんなところにお泊まりさせて頂けるなんて信じられません…😭バチがあたりそう←お金払ってるから大丈夫

 

◆初コスタリカ

ひと通り写真を撮ったところで、腹ごしらえ。

ホテルから徒歩10分ほどのところにあるSoda Tapia というお店に入りました。

Soda Tapia (サンホゼ) の口コミ493件 - トリップアドバイザー

こちらでは食堂的なところを「soda」と呼ぶそうです。

 

頼んだのはガジョピントw/ステーキ!

くれぐれも写真がヘタなのではなく、この食べ物、見た目があまりよろしくないのです。

f:id:p_orepore:20190121161826j:image

少し寄ってみましょう▼

f:id:p_orepore:20190121162158j:image

寄ってもわからんという声は無視して、

ご飯に豆を混ぜたもの(=ガジョピント)、目玉焼き、焼きバナナ、炒めた玉ねぎ、棒状のパンの下に薄っぺらいステーキが敷かれてます。

とにかくこれがとっても美味!

クセのある調味料を使ってないので、飽きずにペロリと食べれちゃいます😋

 

ドリンクがデカいのはアメリカ譲りでしょうか…

f:id:p_orepore:20190121161822j:image

右は、コスタリカ名物「かき氷のシロップ直飲み🍧」です。

・・・嘘です。

フルーツにシロップを入れました的な説明がメニューに書いてありました。まさにその通りの味。w

店内は観光客や地元の人で賑わってましたよ〜
f:id:p_orepore:20190121161832j:image

 

こうしてコスタリカ初日は終了です。

翌日からいよいよ動物とのふれあいが始まります!😆

 

【結婚式準備】《こだわり満載》結婚指輪で思い出づくり

f:id:p_orepore:20190109191031j:image

ごきげんよう、こっつです。

すっかり旅ブログになっていましたが、いちおう結婚式準備のことも書くブログなんです。(そうですか)

 

というわけで、今回はどうやって結婚指輪を選んだかについて書きます💍✨

 

◆結婚指輪のコンセプト決め

まずはそもそもの方針を夫婦で認識合わせです。

我々は結婚指輪は10年ごとに変えるという方針にしました。覚えていればw

 

理由❶:いつも思い入れのある指輪をつけていたい。人と同じようなのはイヤ。

よくあるシルバーのシンプルなやつは、確かに長く使えるのかもしれないです。

でも私の性格上、

  1. とりあえずなんとなくつけてるだけになる
  2. 飽きてつけなくなる

のどっちかだなと思ったのでやめました😗

 

理由❷:年齢にあったデザインの指輪をつけたい。

若い時しか似合わないデザインとか、逆に、歳をとった方がしっくりくるデザインかありますよね😊

そういうのを選ぶのを楽しみたいので!

あと、20年分を重ねづけ、なんてのもいいなぁと今から妄想してます(*'ω'*)

 

理由❸:どうせなくす。

何を隠そう、うちの旦那は筋金入りのなくし魔なのです😤😤😤どーん

すぐにモノをなくします。とてつもないスピードでなくします。

イリュージョンか?と思う方法でなくします。例えば、マジックテープ付きのポケットからモノを落としたりもできます。引田天功もおったまげです。

なので、なくした時のダメージを最小限に抑えられるように、10年保証制度にしましたw

10年たったら新しいの買うと思うと、すごく高価なものを買う気にもならないですしね。。

 

これらふまえて、今回はmina.jewelry(ミナ・ジュエリー)さんでオーダーメイドすることにしました🙌✨

mina.jewelry /ミナジュエリー うつぼ公園・大阪・関西/ 神楽坂・東京のマリッジリング(marriage、結婚指輪)、エンゲージ リング(engage、婚約指輪) | オーダーメイド・セミオーダー

 

サイト見ただけでもステキなリングが出来そうな予感がしますよね😊

 

◆心躍るオーダーメイド

我々は挙式の約半年前から作り始めました。

1からデザインするというよりは、

素材や形、表面の加工など、さまざまなパターンを組み合わせていって好きなリングに仕上げていきます🌸

選択肢が多すぎて、迷うの向こう側に達しました…🌈どこだよ

 

▼我々のこだわりポイント▼

  1. 「まるしかく」という形にした
  2. 石を入れるとお値段が上がるので、素材の色と表面加工を変えて、石っぽいアクセントにした
  3. 夫婦でお揃いのデザインにした

mina.jewelryの方に丁寧に対応頂き、我々のドドド素人な説明をキレイなデザインにしてもらいました😂😂

というわけで、とってもお手軽なのにこだわりの逸品が作れちゃいます!

 

◆仮リング事件

この後、一旦仮リングを作ってくれます。

それを1週間ほどつけてみて、サイズやデザインを調整してもらいます。

と、ここで大事件が😱😱

 

仮リングが来て嬉しかった旦那がリングを付けたまま寝てしまい…

    ▼

むくんだ結果…

    ▼

リングが外れなくなったヨ\(^o^)/

 

私は「時間がたてば取れるでしょう〜」と楽観視していたのですが、

当の本人は珍しく半ギレで「取れない」の一点張り。

 

「指輪  抜けない」で検索して、

オリーブオイルを塗りたくってみたり、

タコ糸をキツく巻きつけた後、糸を解きながらリングを動かすというびっくり動画みたいなのをYouTubeで見ながら試してみましたが

全 く ダ メ🙅🙅🙅

 

段々指が腫れてきて痛々しいことに…

こうなったら最終手段です。

消防署で切ってもらいました。

 

※裏ルートではなく、お願いするとちゃんとした器具で切ってくれます。ただし、人命を預かってる場所なので、本当に困った時だけ参考にしてください。。。

 

皆さん!これが世にも珍しい切れたリングです!!w

f:id:p_orepore:20190108084423j:image

 

◆そして、バズる

こうしていろんな意味で思い出いっぱいの結婚指輪が完成しました!!✨

                         \じゃーん/

f:id:p_orepore:20190108084750j:image

え?もっと近くで見たいですか??

f:id:p_orepore:20190109082629j:image

え??撮り方が素人っぽい???

それではこちらをどうぞ💁

mina.jewelryさんのインスタに載せて頂いたところ、なぜか3,000弱のいいねを頂きました😂💖どこかでシェアされたのかな??

他の指輪も素敵なのに、うちのだけめっちゃいいね付いてる!!なんで?!でも嬉しいぃぃぃ😂😂😂崩壊

 

なくし魔の旦那ですが、今のところなくしていません。

そもそも付けるのを忘れることはあります。←最も有効な予防策

 

ちなみに、神楽坂店は閉店予定で新規予約も受付終了してるようです😢

でもとってもステキな指輪屋さんなのでぜひのぞいてみてほしいです!本店は大阪です🎵

 

【ケニア旅行記】これ持って行きました

f:id:p_orepore:20190102093851j:image

ごきげんよう、こっつです。

今回はケニア旅行記番外編ということで

旅の持ち物👜を紹介します!

いろんな人のブログを読み漁った&現地有識者に聞いた結果なので凝縮された情報になってるはず…です!

※パスポートとか乳液とかパンツとか充電器とか、基本的なものは書いてませんのでご了承ください。

 

①蚊除け対策

日本人としていちばん気になるのがこれですよね。

ライオンに興奮してる間に刺されるなら本望っす!!😤と言いたいところですが、そこまで腹はくくれません。

肌にシュッシュするタイプの市販の虫除けスプレーは威力が弱いみたいなので、

  • ハッカ油スプレー
  • 虫がいなくなるスプレー

の2段戦法でいくことにしました。

f:id:p_orepore:20190102183505j:image

❶ハッカ油スプレー

体に吹きかける用です。いろいろ調べた結果、天然ハーブの力を借りることにしました。

ネットで購入したハッカ油を精製水に少し垂らしただけ。これをスースーを通り越して寒くなるくらい体に吹きかけてました。(旦那が)

 

余談ですが、残ったスプレーはお部屋の消臭に使ってます。魚焼いた後のニオイがすっきりとれます☺️笑

 

❷虫がいなくなるスプレー
ドラッグストアで買えます。これは体に吹きかけてはアカンやつです。
サファリカーやロッジに入る度に2プッシュくらいしてました。(旦那が)

 

【対策の効果と結果】

  1. 蚊に刺されなかった。
  2. そもそも蚊を見かけなかった。あら?

 

備えあれば憂いなしです。はい。

 

ちょうど同じ時期に青年海外協力隊ケニアに派遣されてる友だち(どんな友だちだよ笑)がいて、連絡をとってみたのですが、

マラリアは発症する時としない時がある。免疫がない人は発症しやすい」

とのことでした。

いや、そんな風邪みたいに言わないでww

虫がいなくなるスプレーは彼女にオススメされたものなので間違いないと思います!😄

 

あと、テントロッジではベッドに蚊帳がかかってるのですが、蚊帳の裾はベッドマットにしっかり入れ込むのが大事だそうです。これは納得。

優しい旦那が毎晩丁寧に裾を入れ込んでくれてました。

 

②寒さ対策

ケニア=暑いイメージですが、高原のような感じで、朝晩は冷えます。乾燥していて湿気がないから余計にグッと冷えます。

ナクル湖のロッジでは湯たんぽを入れてくれました▼

f:id:p_orepore:20190102104324j:image

というわけで、ウィンドブレーカー的なものは必需品。

それも冷房対策みたいなペラペラのではなく、それなりにしっかりした生地で暖かいもの。スポーツ用がベストだと思います。

張り切ってTシャツばっかり持っていくと痛い目にあいます。。

 

③治安対策

ナイロビの治安が心配だったので、無駄にグッズを揃えました。

f:id:p_orepore:20190102110123j:image

  • マジックテープタイプのお財布
  • しょぼい腕時計

どちらも100均です。

財布はお金が出せないくらい強力なバリバリで防犯性バッチリでした。(財布ごと盗られることは想定しない)

腕時計はたまに時間を知らせてくれないという強盗泣かせの機能がついてました。

 

あとはお手製の4次元ポケットォォォ✨✨ドラえもん風に読んでくださいね♪)

いらないタンクトップにポケットを縫い付けました。

ハンズで腹巻タイプのポーチ売ってますよとかいう親切なコメントは不要ですよ〜🤚
f:id:p_orepore:20190102110119j:image

いずれにせよ、サファリは朝早くて夜は疲れ切ってたりするので、荷物を整理する暇もなくバタバタします💨💨

なので、お気に入りのものやなくしたら困るものは持っていかないことをオススメします!

 

④サファリ対策

とにかくいろんな動物がどんどん出てきます! 

そしてメモする間もなくどんどん名前を忘れていく!!😭😭

そんな時にこれが重宝しました▼

f:id:p_orepore:20190102110216j:image

ケニアタンザニアで見れる動物の簡単な図鑑になってます。イラストもわかりやすいし、説明も読みやすい!

見た動物には印をつけてました✏️(数字は見た動物の数の連番)

f:id:p_orepore:20190102112306j:image

ナイロビのマップや観光スポットも載ってるので、ガイドブックの代わりとして十分使えます😆

お求めはこちらから💁くれぐれも回し者ではないです笑

ケニア・タンザニア旅ガイド まるまるサファリの本 ver.3(発行:サワ企画)

ケニア・タンザニア旅ガイド まるまるサファリの本 ver.3(発行:サワ企画)

 

 

主なものは以上4点です!

あとは、宿泊場所によっては電気を使える時間が限られてる場合があります。

なので複数の口がある電源タップがあると、カメラやスマホを同時に充電できて便利だと思いました🔌

 

ここからは、逆に…

これ持って帰ってください‼️😆

ということで、独断と偏見によるおすすめのお土産を紹介します!

f:id:p_orepore:20190102181617j:image

❶フェルトのキリンさん

マトマイニ(Matumaini)という孤児院で、スラムで暮らすお母さんが手作りしてるそうです。

私はジラフセンターのお土産物屋さんで見つけました。

とにかくとっても可愛いのでお土産にぴったり🌷

私は自宅用にシンプルなやつ、友だちの子ども用にカラフルなやつをお買い上げしました😄

オンラインショップもあるのですが、現地の方が安いですし、一匹一匹表情が違うので、お気に入りの子を連れて帰ることをオススメします!

【 ケニア フェルトぬいぐるみ 】キリン M | カンガ屋 katikati【カティカティ】

我が家の癒し(๑>◡<๑)

f:id:p_orepore:20190102180724j:image

 

❷アニマルオーナメント

どうでもいいですが、わたくし、何を隠そうクリスマスオーナメントに目がないのです😂

シマウマにサンタさんなんて最強コンビですよね❤️思わず買っちゃいました。

これもジラフセンターのお土産物屋さんです。

 

❸アフリカ形の小物入れ

シークレットボックスって言うんですかね?

ケニアが外せるようになっていて、外すとフタをずらせます。(意味不明)

道端のお土産物屋さんで買いました。というか、ぼられました。に、にしぇんごひゃくえん…

他の国で買ったらその国が外せるようになってるんですかね?(だから意味不明だって)

 

以上、ケニアの必需品とお土産でした。

参考になれば嬉しいです🖤❤️💚

【ポレポレ旅行記】ケニアでサファリ④《ナイロビ編》

f:id:p_orepore:20181227125449j:image

ごきげんよう、こっつです。

ケニア旅行のフィナーレはナイロビです🇰🇪

治安が悪いと評判でビビりまくりでしたが…🤢

ケニア最後まで動物天国でした!!🦌🐘🐊

 

◆買い物ジョージ←"上手"にかけたつもり

マサイマラからナイロビまでは、お馴染みジョージの運転でお馴染みガタガタ道をまっすぐまっすぐ🚗三三

ガタガタ道を脱してもまっすぐ道は終わらない。。何キロ先が見えてるんだろか?

f:id:p_orepore:20181225084627j:image

やっと車が止まった!

と思ったら、道端…??

f:id:p_orepore:20181225084815j:image

答え:ジョージの個人的な買い出し👨🏾

ナイロビより全然安いそうです。

値段忘れましたが、写真のバケツ一杯分のジャガイモをお買い上げしてました。

 

◆5つ星ホテルだけど…

こうしてナイロビに戻ってきました。

ホテルはこちら▼

ナイロビ サファリ クラブ (Nairobi Safari Club) -ナイロビ-【 2018年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

まさかの5つ星ホテル⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

ファイブスタークラブさん、ありがとう!

(旅行代金に含まれてるわけですが)

 

ここで、ひとつだけ大きな懸念事項が。。

それはケニア大統領選です。

10年前の大統領選では大きな混乱があり、1000人以上の死者が出たとのこと。まじかい…😭

何よりも、我々の旅行の1ヶ月前に行われた選挙結果を最高裁が覆して再選挙になるという歴史的な出来事🎊があり、旅行前に終わるはずの選挙が見事に延長戦に持ち込まれたわけです😭😭

さらにホテルがナイロビ大学のすぐ近くで、学生や知識人がデモに走る可能性もゼロではなく…

結果的にもなかった🤡のですが、「スリに気をつけよう」とは次元が違う話なので、ちょっとヒヤヒヤしました。

ホテルのバーでもずっと選挙の番組が流れてて、関心の高さが伺えました。

大統領が文字通り国民の運命を背負ってるわけです。日本じゃ考えられないことですよね。

 

ケニアの情報番組。あれ、北朝鮮の方ではないですよね…?w

f:id:p_orepore:20181225184048j:image

 

気を取り直して、ホテルの紹介。

外交官が泊まってそうなお部屋でした☺️妄想

f:id:p_orepore:20181225184241j:image

いつ使うのかわからない鏡台まで❤️

f:id:p_orepore:20181225184252j:image

ウワサのナイロビ大学は目と鼻の先!

f:id:p_orepore:20181225184300j:image

さすが5つ星だけあって、ホテルの人もめっちゃ親切でした!

お土産にケニアのビール(タスカーと言います🍺))が買いたくて、どこで手に入るか聞いたのですが、置いてそうなお店に電話までしてくれました😭

結果的に買えなかったのですが、まぁ海外でビールを買って持って帰るなんて日本人の呑兵衛くらいしか考えないことなので、諦めがつきました( ´_ゝ`) 

 

◆The Best Hotelman EVER

ナイロビでの自由時間は、タクシーをチャーターしようと思ってました。

とりあえず行きたい場所と時間配分を紙に書いて、ホテルの人にタクシーを呼んでほしいと伝えたところ、

「この車(ツヤッツヤの黒いホテルの社用車)に乗りなさい」

 

えー!!!いいんですか!!!😳😳😳

 

何がよかったかって、テルマン兼ドライバーのお兄さんがめちゃくちゃイケメンだったこと😍😍😍

スラーっと背が高くて落ち着きのある黒人イケメンさん。旦那には申し訳ないが、日本人はどう頑張っても勝てないイケメンさん。

えっと、確かオーシャンズ🎬とかに出演されてましたよね???😍😍😍

 

コッツ と ダンナ は アンゼン と イケメン を 手に 入れた!タッタラー

 

◆キリンとたわむれる

まずはジラフセンターに連れてってもらいました。

ここではキリンさんに餌やりができます!

離れたとこから見るとこんな感じ▼

f:id:p_orepore:20181226085718j:image

キリンさんは大人しそうに見えて、結構ぐいぐいくるタイプです。入れ食い状態。

       \餌くれ!/

f:id:p_orepore:20181226085722j:image
早めに餌を離さないと、噛まれるらしいです😨

                             \はよぅ/
f:id:p_orepore:20181226085714j:image

なななんと!チューもできちゃいます!!❤️

しかもわりと濃厚なやつ🤤(やめなさい)
f:id:p_orepore:20181226085640j:image

私がチューで浮かれてる間に…

めっちゃ手懐けてますやんwww

キリンさん、うっとりしちゃってるしw

f:id:p_orepore:20181226085728j:image

キリンさんの顔に手を回すこの体勢、やってみると結構難しいんです。さすが我が家のムツゴロウ👏👏

 

なぜかキリンと一緒にイノシシが住んでました。

寝てるイノシシのお股を一生懸命舐めてあげてました。なんだこれ??w
f:id:p_orepore:20181226085711j:image

散々サファリで見てきたのに、餌やりとなるとまた違った興奮がありました✨

ぜひ行ってみてほしいです!!

 

◆やばいよやばいよ

お次はマンバビレッジに行きました。

一言で言うと「ワニ園」です🐊❤️

爬虫類大好きのこっつは大興奮!!

 

まず、入園すると半強制的にガイドがついてきます。笑

檻の中はワニでぎゅーぎゅー🐊🐊🐊

f:id:p_orepore:20181227084815j:image

この檻の中にサクッと入ってく半強制ガイドのお兄さん…

やばいよやばいよ…(出川風)

棒で叩いてわざわざ怒らせてるし…

リアルガチで血を見ることになると思ったので、怖くて写真撮れませんでした…

 

その後、赤ちゃんワニをもたせてくれました!!

f:id:p_orepore:20181227084808j:image

かーわーいーーー!!!!😍😍

f:id:p_orepore:20181227085359j:image

▲今年いちばんの笑顔のこっつ氏

 

頼んでませんが、デカいカメも持ってきてくれました。
f:id:p_orepore:20181227084821j:image

失礼ですが、ひふみん(加藤一二三九段)にそっくりw
f:id:p_orepore:20181227084759j:image

爬虫類ゾーン以外は寂れた昭和の公園といった雰囲気でした。

絶対乗りたくない遊具も置いてありました。
f:id:p_orepore:20181227084805j:image

半強制ガイドのお兄さんはチップを受け取ったら、どこかに消えていきました。

 

◆スーパーは決死の覚悟

ナイロビ観光はここまでで、

ホテルに戻ってから海外旅行のお約束、スーパーにも行くことに。

ホテルのすぐ近くにあるのですが、

とにかく外に出るのが怖い😇

だって、黒人のお兄さんお姉さんの中に、

チンチクリンな黄色人種が混ざってるだけで、かなり目立つんです。はい。スリや強盗に「狙ってくれー」って言ってるようなもんです。

こんなチンチクリンに生まれくなかったぜ…😭

 

覚悟を決めて、100均のベリっとするタイプのお財布に少額を入れ、ピアスまで外し、旦那と固く身を寄せ合って外に出ました。

 

死ぬ思いでスーパーにたどり着くと(徒歩1分30秒)

驚きの品揃え!!!!!!!😭😭😭

f:id:p_orepore:20181228083735j:image

なんて言うんでしょう、ブティック形式?👜👗ww

一体ナイロビの人はどこで買い物をしてるのだろう…🤔

 

◆ナイロビのランチ

忘れてました。ナイロビでの食事です。

Carnivore というお肉料理のレストランがツアーに含まれてました。

The Carnivore Restaurant (ナイロビ) の口コミ3,966件 - トリップアドバイザー

他にも観光客がたくさんいたので定番スポットのようです。

シュラスコみたいに切ってサーブしてくれます!

f:id:p_orepore:20181228163138j:image

▼ダチョウとかウサギとかウシのチ●チ●とかたくさんたべました(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
f:id:p_orepore:20181228083738j:image

 

◆ポレポレの由来

 いよいよケニアともお別れです😭

皆さんもう覚えて頂いたと思いますが、こちらがジョージです(再掲)

ジョージではないかもしれませんが、ジョージです。※詳しくは【ポレポレ旅行記】ケニアでサファリ①《到着編》 - ポレポレ日記をご覧ください。

f:id:p_orepore:20181228083731j:image

ブログのタイトルにもあるポレポレですが、実はジョージから教えてもらったんです。

スワヒリ語ゆっくりゆっくり、ぼちぼち行こうという意味だそうです。

サファリ中に思ったように動物が見れない時も、ガタガタの危ない道を通る時も、ジョージはいつもポーレポーレ😁って言ってました。

その言い方と言葉の響きが気に入って、今でも使ってます🎵

 

てなわけで、ケニア旅行記はこれにて完結です。

空港でチェックインしようとしたら、「フライトが満席だから次の便ね」という予約という仕組みを超越した意味不明な待ちぼうけくらったのはご愛嬌ということにしておきます。

 

===完===

【ポレポレ旅行記】ケニアでサファリ③《マサイマラ編》

 

f:id:p_orepore:20181215223805j:image

ごきげんよう、こっつです。

ウズベキスタンを挟んでしまいましたが、、まだまだ続きます!

 

◆ナクル湖〜マサイマラへ

ナクル湖に1泊した後、メインの目的地であるマサイマラに向かいました!🐆🐘🐏

興味がない方には🤔かもしれませんが、ケニアでサファリと言えばマサイマラ国立公園!

どのツアーにも入っている王道のスポットです。

富士山は登山道が整備されすぎてて、ツウにはつまらないらしいのですが、マサイマラもそんなかんじ。(どんなかんじ?)

ツウではないので最高にexcitingなスポットでした💖

 

ナクル湖→マサイマラはジョージの車をかっ飛ばして、6時間!!🚗💨💨

途中から悪意さえ感じる悪路になり、シートベルトをしないと放り出されそうなくらいガタガタ。。。

 

ってガッツリ寝てますやんwwww

f:id:p_orepore:20181216140400j:image

おいおい…

f:id:p_orepore:20181215224643j:image

私があまりにも爆睡していたため、

旦那はツェツェバエに噛まれて眠り病になったと思ったそうです🤣🤣🤣

ごめんよー!とっても眠かったの!笑

 

ケニアの洗礼

マサイマラに着いたら早速サファリ開始!

                   \いらっしゃ〜い/  

f:id:p_orepore:20181216140003j:image

ナクル湖と違って広大なので、動物の数も多いし、デカイ動物が多い!

▲のバッファローもおっとりしてますが、こんな角でやられたらひとたまりもなさそう…🙄

 

我々のサファリカーのすぐ横をヌーの大群が走り抜けいきました!

すごーい!!😳✨✨

f:id:p_orepore:20181216135854j:image

と感動したのも束の間、

ヌーはライオンから逃げてただけだった!!!!😨😨

 

遅れをとったシマウマが見事に餌食に…
f:id:p_orepore:20181216135939j:image

----------真面目ここから----------

静寂の中、草が擦れる音、肉が引き裂かれる音だけが聞こえてきて、命の重さと尊さがストレートに伝わってきました。

「心が震える体験」ってよく言うけど、心って本当に震えるんだなぁって思いました。

悲しいとか可哀想とかとは全く別物の何とも言えない感情。。。

----------真面目ここまで----------

 

まさにサークルオブライフ!!!🙈壊


f:id:p_orepore:20181216135921j:image

▲先ほどのシマウマを仕留めたお母さんライオン。赤い鼻の頭が狩りを物語ってます。


f:id:p_orepore:20181216140030j:image

▲お母さんの帰りを待ってた子ライオンたち。

こんなにお母さんに戯れる動物、他にいないと思います👦🏼👦🏼

 

 

◆サファリ、続きます!!

一面のヌー!

鳴き声が\グヌー/なので、こっちの人は「グヌー」って呼んでるみたいです。

 

\グヌー  グヌー  グヌー  グヌー ←結構やかまし
f:id:p_orepore:20181216140036j:image

親子ゾウさん。

ゾウは大きいので(当たり前ですが)かなり離れた場所からでも見つけることができます!👀

f:id:p_orepore:20181216140016j:image

気づいたらケニアタンザニアの国境まで来てました。

        旦那@タンザニア🇹🇿       こっつ@ケニア🇰🇪
f:id:p_orepore:20181216135900j:image

お昼は国境付近でピクニックランチ🌈

ジョージが木陰にラグを広げてくれました。

f:id:p_orepore:20181216135951j:image

でっかいチキンとサンドイッチと謎のフルーツもろもろ。外で食べると100倍うまい!!😆

 

国境の川、マラ川ではカバさんがまったりしてました。

川岸近くにちょこちょこ出てるのはカバさんたちの背中です▼
f:id:p_orepore:20181216135909j:image

と思ったら、うわ、足元に5メートル超のクロコダイルいたわwww😂😂

(犬のフン落ちてたくらいのノリ)
f:id:p_orepore:20181216135943j:image

運悪くマラ川を渡り切れず命を落としてしまった動物もたくさんいます。

ハゲワシ的な鳥たちが待ってましたと言わんばかりに群がってる…サ、サークルオブライフ…🙄🙄

f:id:p_orepore:20181216140007j:image

マラ川だけガイドしてくれた彼。

チップで5ドルあげたら「これじゃボスに怒られる」と10ドルせびってきました。

それなら最初から言いなさい。w

f:id:p_orepore:20181219090415j:image

 

◆ライオンの素顔

シマウマを狩ってるライオン以外にも、いろんなライオンの姿を見ることができました!ラッキー⭐️

 

伝わりますかね?

すぐ近くの藪でまったり中のパパライオン。

f:id:p_orepore:20181219084601j:image

お次は、若いオスとメスが群れから離れて2匹だけで過ごす、その名も「ライオンのハネムーン」💗💗💗

f:id:p_orepore:20181219084556j:image

子どもがいたら目を覆いたくなるようなラブラブシーン🔞を見せつけられるわけですが、

人間とは非情なもので、周りにサファリカーがどんどん集まってきて、完全に高みの見物状態。欧米の観光客もここぞとばかりにカメラを向けていて、いたたまれない気持ちになりました…

極めつけに、隣のサファリカーでじっと様子を見ていた日本人のお姉さま(独身を謳歌してそうな30代半ば※推定)が「早ーい😩」と呟いてたのが今でも忘れられません。。。

 

◆マサイマラの中でテント泊

マサイマラではこちらに泊まりました。

Sentrim Mara Camp -ケニア-【 2018年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

▼コテージ風のテント。

ジョージ曰く、夜中にライオンの鳴き声が聞こえたとか。。でもコテージなので襲われる危険性はなさそうです。はい。

f:id:p_orepore:20181220083305j:image

▼かわいらしい内装
f:id:p_orepore:20181216135925j:image

▼世界の至るところで見かける明らかに泳ぎに不適合な気温で水着になる欧米人👙を横目に、プールサイドで読書。
f:id:p_orepore:20181216135917j:image

▼バスタオルから香ばしい香りがすると思ったら、ワイルドな天日干しでした。

f:id:p_orepore:20181216135957j:image

▼食事は相変わらずおいしかったです。

お好みの具材を乗せて焼いてくれるピザ🍕
f:id:p_orepore:20181216140022j:image

▼夕食中、嵐のごとくマサイ族が乗り込んできてひとしきり歌とダンスを披露して去っていきました。

襲われたかと思ってうまく写真とれなかった…👹
f:id:p_orepore:20181216135934j:image

スタッフはみんな親切で、旦那が指輪をなくした時も一緒に探してくれました😭😭

あと、電気を使える時間帯が限られてるので、かなり健康的な生活を送れました!22時消灯!

 

◆お気に入りの写真を大公開!

①朝焼けとシマウマの群れ

左端の2匹がこっち向いてるのがポイントです。

会社のデスクトップにして、会議の度に自慢してます笑
f:id:p_orepore:20181216140011j:image

②明朝に狩りを終えたオスライオン

グロいのダメな人はよく見ないでください。重たいグヌーを一生懸命繁みまで引っ張ってます。

f:id:p_orepore:20181216140230j:image

こんな写真がiPhoneでバンバンとれちゃうのがマサイマラの魅力です!

 

◆バイバイマサイマラ

今回は本当に運が良く、ビッグ5と呼ばれるサファリで遭遇したらラッキーな動物5種類(ライオン、ヒョウ、ゾウ、バッファロー、サイ)全てに出会えました✨

ライオンの狩りを生で見れるのもかなり珍しいとのこと!!!やったー!!😆😆

 

貴重な思い出をたっぷりもらったマサイマラともお別れです😭😭

f:id:p_orepore:20181216135913j:image

帰りっちゃダメ〜と言わんばかりのマサイ族の牛さんたち。バイバーイ😭😭

 

人間というのは欲深いもので、最初はシマウマで感動したのに、そのうち見飽きちゃうんですよね。もっと珍しい動物が見たい!っていうコンプリート精神が出てきます。。

次来る時は小動物とかが見れる国立公園もいいなぁ…🤤とか妄想しつつナイロビに向かいました🚗💨💨

 

===続く===

【ポレポレ旅行記】ウズベキスタンで心もお財布もあったまる旅《タシケント編》

f:id:p_orepore:20181206184802j:image

ごきげんよう、こっつです。

楽しかったウズベキスタンも最終日です😭

 

タシケントは普通の都会

前日夜にサマルカンドからタシケントに戻ってきて、ここに泊まりました▼

アート パレス(タシケント)– 2018年 最新料金

普通のビジネスホテル。良くも悪くも日本と全然変わらないです。

相変わらずフロントの人は親切でした☺️

💰1泊:2,000円/人


ここで致命的な事実が発覚!

手持ちの現金がない!!😭😭

 

いつも旅行終盤には奥義🐉クレジット決済でお土産(自分への)を爆買いしていたのですが、

クレジットが使えるところがほとんどなく、かなりのピンチ🙈せっかく物価安いのに…

とりあえず3,000円を握りしめて、初めて海外で銀行で両替をしてみました。

結論は、

何が何だかんだわからんが、両替できた。

です。

容赦なくウズベク語で話してくるから意味不明なんですが、やることはきちんとやってくれるのがここの国の人です。そういうの好き。

 

◆匠の逸品に出会う

一時的にHPが回復したので、お土産を買いに

アブドゥルハシム・メドレセへ。

ここは昔のメドレセ(神学校)の部屋を利用して、いろんな職人さんがお店を開いてます。

f:id:p_orepore:20181209120023j:image

部屋と言っても6畳くらいなので、職人さんとめっちゃ距離が近いw
でもみんな商売っ気がないので、ゆっくりお買い物できるし、他より質のいいものが安く買えます😃
ここでリシタンの柄の良し悪しがわかってきました笑

質がいいものは線が細くて色が多用されてます!(*'ω'*)

 

後でもう一回寄ろうと思っても、店構えが似てるから迷う。おじさんもみんな似てるから迷う。
f:id:p_orepore:20181209120018j:image

 

ウズベクランチ

残りの食事でできるだけウズベキスタン料理を制覇したい!!!

ということで、ランチ🍴は

  • かぼちゃのマンティ
  • チュチュバラ
  • ドルマ

にしました。

f:id:p_orepore:20181209172403j:image

こんな手のかかりそうな料理を作る国が日本以外にもあったのか!笑

f:id:p_orepore:20181209172409j:image

 

ちなみに、この頃すっかりメトロを乗りこなせるようになりました🚇

だってどこまで乗っても20円ですからね!

写真撮影NGと聞いてましたが、最近OKになったみたいですね?撮ればよかったー!!

 

あと、なぜかタシケントの野良猫はとてつもなくすり寄ってきます。

すりすり…

f:id:p_orepore:20181209173746j:image

\文句あるか?/
f:id:p_orepore:20181209173749j:image

すりすりすり…(別の場所にいた別の猫です)

f:id:p_orepore:20181209173841j:image

\ニャンだよ?!/
f:id:p_orepore:20181209173838j:image

 

◆最後の晩餐

夕飯はAfsonaというレストランに行きました。

Afsona Restaurant (タシュケント) の口コミ304件 - トリップアドバイザー

 

▼ビールにぴったりのシャシリク

f:id:p_orepore:20181210085314j:image

▼季節のプロフを頼んだら…まさかのフルーツプロフでした!!!🙄
f:id:p_orepore:20181210084539j:image

りんご、プルーン、アプリコット、レーズンがたっぷり入ってて、果物の甘みがほどよく旨みに変わっててハマるおいしさでした。
酢豚のパイナップルNG派に食べて頂きたい!笑

 

▼パフラバ❤️❤️❤️めちゃくちゃおいしかった!
f:id:p_orepore:20181210084535j:image


ここは少しランクが上のレストランのようですが、それでも全然安い…

💰ビール、サラダ、シャシリク、ラグマン、プロフ、パフラバ、お茶:1,500円

 

お会計の時に、旦那が指をバツにして「チェックプリーズ」🙅🏻‍♂️と言ってたので秒速でツッコミましたww

それ日本の居酒屋でしか通じないからwwwてか普段居酒屋でもやってないでしょwww

 

ちなみに、トリップアドバイザーの口コミに「クレジットカード使えない」と書いてる人がいましたが、VISAは使えましたよ🙂←美味しくて頼みすぎた結果、現金で払えなかった

 

この後無事に空港に向かって飛行機に乗りました。

そういえば、初日のホステルで滞在証明(レギストラーツィア)をもらえなかったので、出国できないかも…😰とビビってましたが、なぁんにもチェックされませんでしたとさ🎶

 

◆旅のまとめ

レトロな表彰形式でまとめてみます。

 

🏆買ってよかったで賞🏆

リシタンの平皿

早速大活躍してます!和食にも合います😆

f:id:p_orepore:20181210185524j:image

他に買ったものもお披露目。

f:id:p_orepore:20181210185558j:image

イスラム教なのにクリスマスのオーナメントがありました。(おじさんの置物の隣)

一応デザインはアトラス柄でした。

アラビア文字のプレートみたいなのはマグネットです。成功とか子孫繁栄的なことが書いてあるそうです。かっくいー!😆
f:id:p_orepore:20181210185554j:image

▲お菓子もろもろ。

 

🏆活躍したで賞🏆

maps.me (地図アプリ)

これはほんと便利!!!

オフラインでも使えるので、タクシーうんちゃんをナビするのに幾度となく使いました。笑

次の旅行でも絶対使います!!

 

🏆地味に楽しかったで賞🏆

韓国伝統文化体験コーナー@仁川

帰りのトランジットの合間に行ってきました。

貝殻を砕いたもので絵を描くやつを体験してきました!これが無料です!✨

暇つぶしの域を越えてます。

f:id:p_orepore:20181211080039j:image

旦那はキーホルダーの向きを間違えてましたw
f:id:p_orepore:20181211080044j:image

 

その他もろもろ、写真撮りそびれた小ネタをお絵描き▼
f:id:p_orepore:20181210190313j:image

 

最後に…

恒例のアナログ旅程表(自作)どーん
f:id:p_orepore:20181211080347j:image

✅日数:3泊5日
✅総費用:135,000円/人

 【内訳】航空券11,000円、宿泊費食費お土産代25,000円

 

タイトルどおりの内容になってる気がしませんが…

これにて終了です!!

 

===完===

【ポレポレ旅行記】ウズベキスタンで心もお財布もあったまる旅《サマルカンド編②》

f:id:p_orepore:20181203083158j:image

ごきげんよう、こっつです。

 

サマルカンド2日目はようやく晴れ☀️

中庭からコツコツコツと規則的な音が聞こえます。

朝食を準備してる音かな…☺️わくわく

いや、宿のおじいちゃんが杖つきながら徘徊してる音でした。

いい1日になりそうです🍀

おじいちゃんはかなりのご高齢のようで、宿の至る所でまったりと余生を楽しんでおられます。

 

◆世界一の朝食

宿の朝食はとにかく最高でした!!!

出来立ての手作りの品をどんどん並べてくれます٩( 'ω' )و

 

**この日のメニュー**

  • サマルカンドナン
  • クレープ状のパンケーキ
  • 玉ねぎ入りのおかずあげパン(チヂミみたいでうまい)
  • チーズのあげパン
  • ミルクのお粥(お粥苦手だけどこれは好きだった)
  • かぼちゃの煮物
  • 自家製ジャム3種類(絶品✨)
  • チーズ2種類
  • 自家製ケーキ(シナモンとレモンピールがきいてて輸出したいおいしさ)

f:id:p_orepore:20181205091409j:image

ティーカップも素敵!

f:id:p_orepore:20181205123210j:image

朝食会場のお部屋もこんなに素敵!

f:id:p_orepore:20181205090557j:image

残念ながら完食はできなかったものの、朝から幸せな気持ちになりました☺️☺️

お礼に折り鶴を置いておきました▼

f:id:p_orepore:20181205124945j:image

 

◆念願のレギスタン広場

ずっと行ってみたかったレギスタン広場!🕌

想像通りめっちゃ大きくて迫力ありました!

f:id:p_orepore:20181203084054j:image

入り口すぐで地元のガイドだと名乗るお姉さまに声をかけられました。

こういうの怪しいんだよな〜😒と興味なさそうな顔してたら、すぐに半額に値引きしてくれました。

ありがとう!お願いします!笑

 

3つの建物を順番に説明しながら回ってもらいました。

個人で回るよりガイド付けた方が絶対いいと思います!でないと、大きい綺麗な建物という感想で終わってしまいますw

 

それぞれの建物の中はお土産物屋さんになっています。

例によって、お皿とシルクのお店に連れていかれ…連れていってもらいました。どの国でもやることは同じですね。。

そして、お父上が目を光らせる中、少年(推定12歳)が流暢な英語でお皿の説明を始めました。

 

さ、さてはこっつが年下の男の子に弱いのを知っているな…?!:(;゙゚'ω゚'):

 

少年>これはブハラ産のお皿です。お皿同士をぶつけてみるとこんな音がします。

 

  ブォーン(鐘をついたような音)

 

我々>おおおおおお😯

 

少年>次はサマルカンド産のお皿です。

 

  キーン(高い金属音)

 

我々>おおおおおおおおおおお😲

 

テレビショッピングww

 

結局、リシタンと言われる大皿と小鉢2つをお買い上げ。

ママ活 in ウズベキスタンです👩🏻💋

💰大皿1つ、小鉢2つ:20ドル ※値引き後

 

◆パノラマの使い方

引き続き、レギスタン広場を観光。

このメドレセの装飾、地球の歩き方にはライオンって書いてあったけど、ガイドさんはタイガーって言ってたぞ…?

実物はどう見てもタイガー▼
f:id:p_orepore:20181204082936j:image

 

真ん中のメドレセは天井が素晴らしかったです✨

ドーム型に見えるのに実際の形状はドームではなく平面だそう!うそー!!😳

f:id:p_orepore:20181203125908j:image

▲ガイドさんがiPhoneのパノラマを使って撮ってくれました。パノラマを縦に使うなんて考えたことなかった!!これだけにガイド料払ってもいいと思いました笑

 

◆新ウズベク名物:お菓子

ガイドさんとバイバイしてビビハニム・モスクに向かう途中のスーパーでお土産を見てみることに。

 

ウズベキスタンのスーパーには必ず量り売りのお菓子コーナーがあります🍪🍭

これはタシケントの街中のスーパー▼

f:id:p_orepore:20181204083940j:image

海外ではよく見る光景ですが、大抵は日本人のお口には合わない味…🤢

でもウズベキスタンのは全然そんなことありません!

海外お菓子特有のへんな甘さがなくて日本のお菓子に限りなく近いです!そしてべらぼーに安い!

 

会社でのバラマキ用に50個欲しかったのですが、途中で数が数えられなくなった旦那に代わって、親切な店員さんが50個数えてくれました😭

試食もさせてくれるし、おススメです!

💰お菓子(ウェハースにチョココーティングした個包装のもの)×50個:200円

 

◆ショブバザールで撃沈

ビビハニム・モスクを見て

f:id:p_orepore:20181204084702j:image

途中でお茶して(ポット並々のお茶が50円でした😳)

ショブバザールに行きました。

東南アジアラバーのこっつにとっては見慣れたマーケットの光景なのですが、

所狭しと並べられた商品、両側から声を掛けてくるおばさんたちの圧迫感に負けて、旦那、完全にパニック。

足早にバザールを横切り、人が少ない方向へすたすた…🐕🐕🐕💦そっちの方が危ないよ…

 

旦那よ、マーケットとはこういうものだぞ🤔

 

その後、シャーヒズィンダで写真を撮りまくりました。青が深くて綺麗✨✨

f:id:p_orepore:20181205084922j:image

旦那渾身のパノラマを駆使した一枚▼

f:id:p_orepore:20181205085120j:image

そして、レギスタン広場近くのレストランでスープとディムラマを食べました。

スープはシンプルなのに野菜の旨みがこれでもかってくらい出てます❤️

ディムラマはウズベキスタン風の肉じゃがで、じゃがいもがほくほくでかなり美味しかった〜🤤

f:id:p_orepore:20181205085332j:imagef:id:p_orepore:20181205085452j:image

 

◆言葉の壁は壊して進む

その後、夕方のサマルカンドタシケントの列車に向けて駅までタクシーを拾いました。

 

が、しかし、駅という言葉が通じない\(^o^)/

stationもtrainもダメ🙅スマホで地図を見せてもダメ🙅

満を持して、指差しロシア語📖を使ってみるものの、わかってもらえず…

とりあえずこちらが地図を見て、

Left!!!

とか

OK!!!←真っ直ぐでいいよの意

でアナログなナビをすることになりました😂😂

 

途中でピンときたらしく、路面電車の線路を指差して

これだろ??的なことを言われたので

それそれ!!と、迷路の出口を見つけたような興奮と一体感を覚えながら駅までラストスパート🚕💨💨💨

最後は「バイバイ、ブラザー!」と言われて握手してお別れしました😂これぞ異文化交流の原点ですね!

 

実は他にも何回かこういうことありました。
総じてウズベキスタンのタクシー運転手は道をよく知らないみたいですw

職業というよりは趣味というか片手間にやってるかんじなんですかね。

  • お金にもそんなに執着がないのか、こちらが聞くまで請求してきません。
  • お金を受け取る前に荷物を降ろしてくれます。
  • 駅で出待ちしてる白タク以外は交渉しなくても適正価格です。

悪い客だったら乗り逃げできちゃいそうで、逆に心配になってしまう…🙁



旦那がサマルカンドナンを買いたがってたので、駅で買いました。

f:id:p_orepore:20181205084835j:image

💰サマルカンドナン:約60円(推定重量1.3kg)

 

こうしてサマルカンドからタシケントに無事戻りました。この旅も残すところあと1日です!

 

===つづく===